漢方としてのスパイス

シナモンの効能(漢方)

五味(ごみ)

辛、甘

五性(ごせい)

帰経(ききょう)

肝、腎、心、脾、胃

五味、五性、帰経などについてはこちら!!

生薬(しょうやく)としてのスパイス

期待できる効能

体を温め、優れた保温効果により下半身を温め、腹痛や足腰の痛みの緩和、月経痛など女性特有の症状にも有効です。

また、発汗、解熱、鎮痛鎮静作用があり、血行障害、筋肉痛、風邪などに用いられます。

シナモンは抗菌作用が強いため、風邪や吐き気の改善に有効です。

またシナモンのもつ「熱」効果が血行をよくし、だるさや痛みを和らげます。

注意点は、、

多量に摂取した場合、吐き気や嘔吐する場合がある。妊娠中は使用しない。長期の使用は不可。

です。

シナモンを更に詳しく!! → シナモン(Cinnamon)

ABOUT ME
td(ティーディー)
元イタリアン料理人。 コロナ禍によって独立の夢断たれる。 紆余曲折を経て、間借りカレー屋として独立を画策中。 スパイスに関しての情報を発信していきます!!