漢方としてのスパイス

クローブの効能(漢方)

五味(ごみ)

五性(ごせい)

帰経(ききょう)

胃、腎、脾

五味、五性、帰経などについてはこちら!!

生薬(しょうやく)としてのスパイス

期待できる効能

体を温めることで胃腸の機能を高め、冷えから生じる諸症状を改善。

強力な抗菌効果、鎮痛、解毒作用も。

胃腸を温めることから消化の促進、お腹の張りによる不快感を改善し、食欲不振や吐き気や下痢の改善に有効です。

クローブはオイゲノールという成分を多く含み、抗菌消炎のほか鎮痛作用に優れています。

そのほか、局所麻酔としての効能もあり、歯科でも用いられています。

注意点は、、

妊娠中の過剰摂取は避けた方がいいです。

となっております。。!

クローブを更に詳しく!! → クローブ(Clove)

ABOUT ME
td(ティーディー)
元イタリアン料理人。 コロナ禍によって独立の夢断たれる。 紆余曲折を経て、間借りカレー屋として独立を画策中。 スパイスに関しての情報を発信していきます!!